腰の痛みに大胸筋を緩めるのが大切

大胸筋の写真

このようなお客様(甲府市在住の女性)がいました。

腰部の回旋動作(回す動作)で腰に痛みが出ている方です。

この方は、うつ伏せで腰の筋肉をほぐす(マッサージ)すると、腰の反りが強いので、ベッドから起き上がる際に、腰の痛みが強くなってしまいます。

逆に、仰向けで大腰筋を緩めましたが、ここでも痛みがとれず。

腰の回旋時に、肩甲骨が中に入っているのが確認できたので、大胸筋を押してみることに。すると圧痛(押して痛い場所)が強いのが発覚しました。

大胸筋を3分程、ほぐした後、大腰筋の圧痛が減ったのです。

そして、再び立って腰を回したところ、腰痛が減りました

腰の痛みでお悩みでしたら、大胸筋を緩めてみるのはいかがでしょうか?

大胸筋の緩め方(自分で行う方法)

鎖骨の下の筋肉を、指のひらで優しく円を書くようにマッサージしましょう!

⇨⇨⇨坐骨神経痛の方へお勧めのストレッチ

関連記事

  1. むち打ちストレッチ

    むち打ちのストレッチ法【5選】を紹介

  2. 膝痛に効果的なストレッチを紹介

    変形性ひざ関節症にお勧めのストレッチを紹介

  3. 坐骨神経痛・痺れはここが大切!

  4. 交通事故の治療は保険適応しています。

    交通事故治療で整骨院・整形外科に長く通院するポイント

  5. 腰痛に効果的なストレッチを紹介【簡単9種類】